人間関係の断捨離

cf0e9da6b48f2a54b373724747921fe2_s

他の投稿からの引用ですが
皆様に是非お役立ていただきたく今回ご紹介いたしますね

断捨離については定零会や普段のカウンセリングにおいても
皆様にはお伝えさせていただいておりますが
物品だけではなく

人間関係を「断捨離(だんしゃり)
すれば人生はもっと楽に楽しくなります
その理由を6つシェアさせていただきますね

特に古い友だちに執着すると苦しくなる様です

あくまで参考ですので・・・お役立てくださいね

人生の転換期に
きっと大きく役立つ考え方です!
 
特に人間関係を断捨離する必要性とは?
 
人間関係の問題の一つとして、古い友人との関係があげられます。
特に地方に住んでいる方の場合、
社会に出てからも地元の友人関係から飛び出てしまうと、
「未来永劫孤独に苦しむことになるのではないか?」
といった思い射込みに悩まされているケースが少なくありません。
  
恐らく学生時代まではこのままの友人関係が
生涯続くと多くの方が考えると思いますが、
実際にはそうしたケースの方が少ないように見受けられます。
数年に一度会えればいいくらいの関係がちょうどよかったりもします。
 
人間関係の断捨離=永遠の別れではありません!
 
その道の達人、
社会的に大きな成功を収めている人達の多くが、
人生の各ステージを登りながら、
相応しい人間関係を構築するため、

いわゆる人間関係の「断捨離」(整理)を行っています。

ほぼ例外はないほどそれは徹底しています。

上のステージに上がる過程で
古い人間関係が邪魔するのを良しとしないからだそうです。

しかし、

人間関係の「断捨離」といっても、
永遠の別れではありません。

また、決して人間関係を軽くみているわけではありません。

むしろその逆です。

ということで今回は人生のターニングポイントとなる様々な局面において、
人間関係を断舎離することの大切さをご紹介させていただきます。
 
 
 
人間関係を「断捨離」するススメ。
昔の友だちに執着してはいけない6つのワケ

■01.
環境が変われば
求めるものも変わる

 
私たちは、友だちを選ぶとき、
相手がどういう人でどういうことをしているか
無意識に考えながら選んでいます。
  
そして時間をかけて友情を育んだ分、
その友情が終わるのを恋人との別れよりもつらいと感じる人もいますし、
なんだか「恥ずかしいこと」のようにとらえる人もいます。
 
友情が終わるのは恥ずかしいことではありません。
それはごく自然なことで、避けられないものでもあります。
 
人として成長し、変化して成熟していくと、
だんだんとそれまでとは違う方向を向いて生きていくようになります。

同じ学校へ通い、同じ授業を受け、
同じことで笑いあっていた友だちとは、
一つ、また一つと共通点が減っていきます。
 
お互いの価値観も少しずつ異なっていきます。
もしも何も共通点がなく一緒に楽しめることがなかったら、
今までのように友だちでいる必要はあるのでしょうか?
  

 
■02.
あなたを取り巻く人間関係は
友だちだけじゃなくなる

 
私たちには仕事場や家庭、
または恋人同士など、さまざまな人間関係があります。
コミュニティが増えるにつれて人間関係も複雑になり、
それは自分を成長させてくれます。
 
その中で、昔の友だちのために立ち止まっていては、
身動きが取れなくなってしまい、
自分がなりたいと思う人になることができません。
 
時に昔からの友だちは足かせになることも。

何もメリットを与えない人間関係にしがみついている必要はないのです。
 

 
■03.
無駄な人間関係に
構っていられない

 
悲しい現実ですが、年齢を重ねるにつれて、
人間関係に割いていられる時間は少なくなっていきます。
仕事に家族との時間がどんどん増えていくからです。
でも、親友とドライブしたり、
食事を楽しみたいという気持ちはまだ持ち合わせているものです。
しかし、その時間も限られたもの。
  
人生は30,000日ほどしかありません。
昔の友人だけにこだわるよりも、
いま目の前にある人間関係に時間と余力を使うほうが面白く
特別なものになるかもしれません。

 
 
■04.
一緒にいる魅力がないなら
一人でいたほうが良い

  
旅に出て、もしも自分よりすぐれた者か、
または自分にひとしい者にであわなかったら、
むしろきっぱりと独りで行け。愚かな者を道連れにしてはならぬ。
                    ~仏陀の名言
 
 若い頃は、一人でいることを避けたりするものです。
一人で悶々と考え込んでしまうような時間は過ごしたくないのです。
しかし、大人になった今は一人の時間を楽しむことができます。
  
魅力を感じない相手と過ごすよりも、
一人で気ままに自分の時間を過ごした方が、
より健康的な人生を送れるはず。
 
 
 
■05.
プライドを満足させるための
お飾りの友だちはいらない

 
昔は、友人がたくさんいればいるほど
自分の価値が上がるように感じられたもの。

Facebookの友だちやいいね!の数が大事だと思っていたかもしれません。

でも、今では友だちの数で評判が左右されることはありません。
 

  
■06.
心の余白をつくるため
人間関係を整理すべき

 
モノが多いと、どこに何があるのか分からなくなるのと同様に、
友だちの数が増えてくると、
誰がどこで、何をしているのか、
どんどん分からなくなってしまいます。
  
昔の友だちと仲良くしないといけない、
という執着心を捨て「心の余白」を作りましょう。
より良い人生を送るために必要のない人間関係を切ってしまうのは、
何も悪いことではないのです。
 

 
如何ですか?人間関係が作り出す環境
一考の価値はあると思います

あくまで御参考に・・・・
本当に大切な関係はきちんと大切にされてくださいね HIRO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>