らせんの動きに氣をのせる!あなたの手技が大きく変わる!待望の『氣』らせんプレセミナー

384182e2a156d34a26a54a13a1d1460e_s

米澤浩です、

らせんの動きに氣をのせる!あなたの手技が大きく変わる!
待望の『氣』らせんプレセミナー

 

訃幻流らせんそう流制法を学ぶ 限定プレセミナーの案内

 
期日 2016年9月3日(土)
午前の部 10:00~12:00
午後の部 13:00~17:00
【内容】

午前の部10:00~12:00
MIKOTO定零会 氣とは何か 理解とトレーニング
集約力と解放力のメソッド  (氣の集め方と出し方を学ぶ)

午後の部13:00~17:00
らせんの手使い ~はじめの一歩~

①基本の手使い
微圧・軽圧・軽擦・深部微圧の紹介

②訃幻流の教え
然・陰陽の紹介

③氣の徹し方
氣を意志氣として徹すまで
理塾 零塾のご案内

 

らせんの動きを身に付けるメリット

 
■感覚が敏感になる
■自信がつく(不調の察知・治るを実感できるので)
■効果が早くなる
■アドバイスの知識が増える(あらゆる何故にフォーカス)
■信頼される
■安心安全である
■技術に悩まなくなる(他の技術が氣にならなくなる)

 
費用  
午前の部 10,000円(理塾に入塾の方は 5,000円)
午後の部 30,000円(   〃    15,000円)

懇親会 
3,000円~5,000円  昼食 各自でよろしくお願いします

場所 
大阪市内某所(参加者に追って連絡します)

 

講師のご紹介

 
メイン講師

宗家 米澤 浩 二代目 龍清宝
5000年の歴史を持つ古式武闘制体訃幻流の宗家であり正統継承者
旭川市と田園調布にて難治症状サポートセンターを開設
技術者養成ならびにセルフメンテナンスの活動に活躍中

 
関西担当講師

奥田 豊
柔道整復師
らせん歴 3年 静流士
初級認定講師
大阪府堺市 おくだ整骨院院長
関西にらせんの波を起こしましょう!

 

【大阪零塾の案内】

 
年間を通じて、初級技術者認定までの技術を学ぶ
月に1回の勉強会(計12回)
入塾の条件 ライフカレッジ零 理KOTOWARI塾への入塾

★理KOTOWARI塾
入会金10万円 月々10,000円 ⇒ 今回に限り入会金10万円OFF

★大阪零塾
月々45,000円

 

一般社団法人らせん会技術認定の概要

 
初級技術者認定
(零塾での反復練習になります 
ブレない姿勢とらせんの手使いをものにしていただきます)

准級 講習を受けらせんそう流を理解したもの
准初級 講習を5日以上受講したもの 若しくは同等以技術のもの
初級 講習を7日以上受講したもの 若しくは同等以技術のもの
准士 『然』を理解し、その技術を使うことができる
准練士 『微圧』の理を理解し、その技術を使うことができる
練士 『陰陽』の理を理解し『呼流』と『流法』のバランスを執ることができる
准中級 初級の理をほぼ再現可能である

 
中級認定
(初級に加えて意志氣力を載せられるかがポイント 初級にブレがなく且つ経験値が必要)

准整法士 『意志氣力』の認知が可能で正体の誘導が可能である
整法士 『微圧』『軽圧』『軽擦』の選択が容易で『陰陽』を『らせん手』に載せられる
准法士 『流腱』を理解し『芯流腱』が再現可能である
法士 准法士までの理を全て理解し再現可能であり、
     らせんの『連動法』『双流』の制御が可能である
准静流士 法士までの全ての理と技術の再現と伝達が可能 
     加えて無圧無痛で『そう流』と『掌氣』を再現可能である

 
上級術士認定
(『零』の認知と指導を行える)

静流士 『そう流』『掌氣』『流腱』を同時に再現可能 
且つ『意志氣力』と『零反動』の操法が可能である
静流法士 静流士までの全技術に加えて『振動』の認知と操法が可能 
『零』の認知と再現、伝達が可能である
術士 静流法士までの技術を全て再現可能であることに加え『制空権』を認知可能である
波動調律士 術士までの全技術が再現可能であることに加え四肢の波動調律が可能である
零志氣
波動調律士 陰らせん(龍波)・陽らせん(虎波)と合わせて
零らせん『零波動』を再現使用可能である
導士 術士の指導が可能であり且つ零志氣波動調律を行える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>