最近うまくなった?? (;´Д`A “`

731cb1403676d3cbe18b123befa6e7a8_s

米澤浩です、

去る1月7日 自分自身初となる
著書『かかと』整体で絶不調がスッキリ消える!!
~中国5000年「訃幻流龍法」の凄技~
成る物を出版させていただきました。

 

踵から始まる

 
received_777892518983818

Amazonで1位等頂き気分的にはノリノリでしたが
レビューなど数件いただいたり内容を読ませていただくと
「あぁ、本を出すという事はこういう事か・・・・」
何てしみじみと感じたりして・・・・
レビューは公開されていますので御興味があれば
書籍名を検索してご覧いただけたらと思います

いずれにせよ内容はかなり好評を得ておりますので
お勧めの一冊であります!

 
さて、この一冊の出現が訃幻流の歴史の中で???
と言いますが自分の治療家としての存在と常識が根底から
ひっくり返される!?
そんな事は夢にも思いませんでした(;´Д`A “`

 

踵から始まる驚き!?

 

DSC_1640

DSC_1640

 

DSC_1642

DSC_1642

去る2月 講師2名が最終講義でいよいよ卒業でした
その中でかかとを含む下肢の調整法を伝えた時
彼等自身其の反応に驚いてしまった???

というかただの足首から踵の調整なのに
全身に対する効果が凄い!!

 

踵だけなのに凄い!!

 

DSC_1636

DSC_1636

 

DSC_1646

DSC_1646

時間にして5分未満!

数分で全身が整う!!

施した講師二人には何をされたか?
翌日迄の宿題にしました(笑)

 
そして翌日、彼らには踵と足首、下肢の調整と言う種明かしをし、
その研修に時間を費やしまして、
完璧とまではいかずとも其なりに
再現出来る程に身に付けて頂けたのは

流石直伝講師です。

 
本来は其処で伝えられる全ての講習も収束予定でした。

元々、踵がズレ、その上の距骨が挙上しそれを押さえる下
肢の頸骨腓骨がズレるので
その修正をするだけの手技のつもりでしたが
これがとんでもない力を内包しておりまして・・・

 
うちの生徒に差しの舟状骨をずれているものがおりまして

其の性か足踏みの際うまく膝が上がらない
しかも原因と考えられるのが30年近く前

剣道の練習の様子 流石に凄く固くて

 

ビックリの操法!!

 

DSC_1740

DSC_1740

こちらの画は、両足で脛骨腓骨を牽引
そして両手で各足指の関節を牽引しながら
舟状骨を入れ込むという四肢を使った操法

開骨骨動法・・・

 

30分の格闘そして完了!!

 
舟状骨術前術後
骨が動く・・・というか動かす

何年物だろうが動くときは動くのだな
と思える結果でもありました

 

そして一か月後・・・再び

 
keikag術前

再びこの舟状骨に向かう事となりました
やはり少し出ている状態に不快が有るらしい
そして今回再び・・・
今度は 零 という発現した術技を使う

 

零・・・動かないらせん!!

 

ご覧の通り術中はほぼ動かない!
実際には動いていますが
眼には映らない(;´▽`A“

前回の術技とはえらい違いであります
それでいて結果が凄い!!

 

力を入れず当てただけ・・・

 
完全術後  零

がっかりする事は
前回のような術技が全くいらなかった(´;ω;`)

なんだか・・・・
自分自身に自分の技術を全て否定された感が
全身に回ってきた瞬間です

書籍出版を期に日の下に出現した技術

 
私たちは
『零志氣波動調律法』

と名付けました

この技術が発現し
我々の提供するメゾットの
全てが今後変わっていくでしょう

現在この技術 1時間12万円!!
そんなべらぼうな金額で提供しておりますが・・・

はっきり言って安いです!!
それほどまでに効果が高く
しかもクオリティーが凄く高いです

リピート率現在100%!!

是非体験していただきたいですね

全ての症状は結果で
原因が変われば症状も変わります

そしてセルフでは対応できないところまで
対応可能です

10年以上継続して受診されている患者氏に

『最近うまくなったね!!』
と褒められています

自分自身10年間なかったことをされると
逆に自分自身を否定したくなります

零志氣波動調律法

これからの術会を変えていきそうですね

 
米澤浩 拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>