癌・・・やはり多いですね

a3f704d4675db99fb2c58d35f37087bb_s

 
米澤浩です、

低体温の人はガンになりやすい!?

確かにそう言われていますね

事実、ガンを発症した患者の中には
   35度台の人が多い!!…

 
では低体温とは?!

ガンを引き起こす前は風邪をひきやすいされていますが、
風邪って何?
免疫力が低い低体温の方は要注意です。

熱を出す事が出来ないので結果
風邪を治すことも出来ない状態になって
いつまでも風邪の症状が続いていきます

ここでいう低体温とは、平熱が常時が35度台、
もしくはそれ以下の状態のことをさします。

 
日本人の平均体温は36.89度です。
過去50年間で1度近くも低下していますので、
それだけ日本国民全体の免疫力は低下しているといえます。
 
低体温は圧倒的に女性に多く、
とくにここ10年位の間に35度代の女性が増えています。

   
冷えやすい臓器にガンは発生しやすい

   
驚くべきことにがん患者の大半は35度台で、
しかも血液中に含まれる酸素が少ないという共通点が指摘されています。
 
また、冷えやすい臓器にガンは発生しやすいとされていまして、
事実心臓や脾臓、小腸にはガン細胞ができにくいといされています。

 
これは、心臓や脾臓は熱の生産量が多いことから
他の臓器と比べても温度が高いためと言われています。
つまりがん細胞をはじめとした細胞の多くは
冷たいところを望むように出来ているようです。

   
冷えやすい臓器にガンは発生しやすい

   
がん細胞は35台に一気に増える傾向にあることが
研究結果によって明らかになっていますので、
低体温であることが一番がんを発症させてしまうリスクなのかもしれません。
 
たった1度体温が低下してしまうだけで代謝は約12%、免疫力は30%以上低下する
 
低体温になってしまうと、ガンだけでなく病気になりやすくなってしまいます。
自分では大丈夫と思っても、あっという間に病気が進行してしまう可能性があります。

   
低体温を改善するには!?!
 
低体温を改善するには、適度な運動、バランスのとれた食事、
睡眠といった日常生活を改善することが急務です。

まず低体温であることの原因の一つに筋肉が不足しています。
 
筋肉は体温の約40%を作り出すとされているので、
十分な筋肉がなければ基礎代謝が上がらないため、体温も上昇しません。

ウォーキングなど適度な運動からはじめましょう。

   
また、低体温の方の特徴として睡眠不足があげられますので、
質の高い睡眠を心がけて下さい。
また、食事に関しては、偏食は体温の上昇を抑えてしまいます。
 
ですので、栄養バランスのとれた食事をとるように心がけて下さい。
そして、最近の傾向としては、
お風呂に入らないでシャワーだけで済ます人が増えています。
 
できるだけお風呂に入って体を温めることを心がけて下さい。
普段から体を温めることを意識して行動すると目に見える形で改善されます。

 
呼吸も大切できちんとした呼吸をする為には
きちんと姿勢も大切です

是非きちんと姿勢を保つことをお勧めします

 
ライフカレッジのカリキュラムには

正姿勢を保つ方法を学ぶカリキュラムから
その指導をする方法を学ぶカリキュラムまで

そして理塾の技術者講座には
癌のメカニズムから治療方法
加えて予防法まで全て学べる講座も有ります

御興味ありましたら是非お問い合わせくださいね

 
また会いましょう!!

 
米澤浩 拝

お問合せはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>