足からの健康について

dd32daba75352a7f8569afdeee15fd84_s

米澤浩です、
 
拙著《かかと》整体で身体がかわる! 
が、いよいよ《さくら舎》より来年1月7日発刊が決定しました!!
内容は踵から始める身体調整からセルフメンテナンス全般です。
内容は大変簡単になっておりますので
是非皆様のお手元に置いておいていただきたい一冊です。

 
さてそもそもが足・・・自分の認識では
記録に残っている最古のリフレクソロジーであろうと
想っております。

そして・・・・
健康状態を知るとってもカンタンな方法の1つは、
足に変わりがないか細かくチェックすること

今回はその簡単な注意方法をお知らせいたします

 
例えば・・・以下のような変化は要注意です。

①足と足の指にさまざまな密度の毛細血管があるのは、
血行が順調で、血液が行き渡っている証拠です。
毛細血管の数が減っている、または消えかかっている場合は、
血行不良のサインである可能性があります。
サイズが合わない靴や、きつい靴下のせいかもしれません。

 
②突然そしてひんぱんにあらわれる足の痛みは、
栄養失調・水分不足・または血行不良のサインかもしれません。
原因をつきとめ、適切な治療を受けましょう。

 
③活動的な人・スポーツをする人でこむら返りが起こったら、
脱水症が原因の可能性が高いです。
できるだけ早く治療を受ける必要があります。

また、1日に必要な量の水を飲み、運動中はその量を増やすことで、
この症状を避けることができます。
脱水症のせいでなければ、
カリウム・カルシウム・マグネシウムの
いずれかが足りないせいと思われます。

 
④何かが正常でないというもうひとつのサインは、
なかなか治らない傷。
糖尿病のしるしかもしれません。
糖尿病患者は、手足の神経が永久的な損傷を受けるため、
傷や潰瘍が治りにくくなるのです。

 
⑤足がいつも冷えているのは、
あなたの甲状腺が正しく機能していない証拠であり、
甲状腺機能亢進症の疑いがあります。

 
⑥足の冷えのもうひとつの原因は、血行不良です。
ただの冷え性と放っておかず、
原因をきちんとつきとめるため、医師の診察を受けましょう。

 
⑦足の腫れは、腎臓の機能障害や体液うっ滞の結果である場合が多いです。
また、のんでいる医薬品の副作用として足が腫れる場合もあります。
覚えておきましょう!

足にあらわれる変化は、
健康上の問題を示している場合がありますから、
こまめに足の状態をチェックして、
必要に応じて専門家の診療を受けることが大切です。

そもそもそれが医者とは限りませんけどね(^_^;)

 
難治症状サポートセンターでは全てお引き受けしますよ(^_^)v

 
では、またお会いしましょう!!!

米澤浩 拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>