被爆に依る白血病の労災基準について

12bdfb521cefe616496b94fea1b22943_s

米澤浩です、
 
白血病の労災の認定基準は、
≪年間5ミリシーベルト以上被爆し、1年を超えてから発症した場合≫
と定められていて、厚生労働省の専門家による検討会で被爆との因果関係を
分析してきました。その結果、今回認定された男性はこれまでに合わせて19.8ミリシーベルト被爆し、特に、福島第一原発での線量が15.7ミリシーベルトと最も高く、原発での作業が原因で発症した可能性が否定できないとして労災と認定し、20日、本人に通知しました。

計算すると福島ではこの数値がが一年分としても
0.04ミリシーベルト一日に浴びている事となります。
一回0.1ミリシーベルト程度の乳がん検診と比べると・・・ですね

判断はお任せいたします

米澤浩 拝 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>