最近の癌系の話

fae996560cd768ac2550ed5da83d5a80_s

米澤浩です、
 
女優の川島なお美さんの訃報は皆さんの記憶に新しいと思いますご冥福をお祈りします。

川島

それにしても、最近はガンで亡くなる芸能人の方・・・多いですね
今井雅之さんしかり、黒木奈々さんしかり。
また、北斗晶さんが乳がんであるという報道もあり手術で全摘出手術も行ったようですね
経過が気になるところではありますが・・・

959babfe-s-thumbnail2

『5年生存率は50%㌫』らしく・・・まぁ平均ではあるでしょうね
多くの慢性病がある中、ガンもまた、他の慢性疾患同様原因があって起こる病気です。
食事…その一因であるとも考えられますが、ガンの場合食事以外にも様々な原因が考えられます。

その代表的なものを挙げると、
・食事
・放射線
・化学物質(石油由来)
・タバコ
・アルコール
・ウイルス感染
・加齢
などがあります。

川島さんの場合ですが
「私の血液はワインで出来ている」と
公言するほどのワイン好き・・・
アルコールの影響はゼロではないでしょうね。
更に食事は夫が糖尿病で片目を失明しながらもパティシエを続けている
鎧塚俊彦氏ですから、

鎧塚

私生活が糖質まみれであったことは想像に難くありません
癌の栄養は概ね糖だとも言われています
やはり食事は原因として大きなものがあるでしょう
因みにワインも糖質です

北斗晶さん・・・乳がんの原因は
どこにあるのでしょうね??

毎年乳がん検診をしていたのに???
なのにあの状態???

だからみんなやっぱり乳ガン検診は受けるべき❗
と、声高に言ってらっしゃいましたね

そう言えばアグネスさんもでしたね

そして今、乳がん検診の受診率が
医療機関が対応しきれないほど
増えているようです・・
やはり他人ごとではないと感じる方が増えているのでしょうか・・・

退院後・・・北斗さんは
愛情満点の食事に随分気を遣われているようです。

最近急にこれだけガンになる芸能人が増えているのには、
やはりそれなりの原因というか、理由はあるでしょう

2011年3月11日
東日本大震災と福島第一原発事故

・・・この地震の詳細については
また、後日・・・

『理塾』でお話し出来たらと思います・・・が・・・

原発事故によって大量の放射性物質がばら撒かれてしまったことは、
ガンの急増の主因となっても何ら不思議ではありません。
しかも、もし原発事故がガン急増の主因であるとすれば
今後もさらに多くのガン患者が出現するということにもつながるのでしょう

放射能の恐ろしさは、昔ビキニ環礁で核実験が繰り返された時、ポリネシアの島々に住む先住民族が次々とガンや白血病で死んでいったことからも証明されているとは思いますが・・・大昔の話ですからね・・・

因みに福島の線量はあのチェルノブイリを凌駕しているようです

先日は白血病で福島原発の作業員が労災認定されましたね?

彼が浴びていた年間線量は19ミリシ-ベルトで福島での居住基準とされている線量が年間最低20ミリシーベルトと言われています。
マンモグラフィー検診は一回0.1ミリシーベルト程度と言われています

もう一つ憂慮すべき点として、石油由来の化学物質の影響も大きいでしょう。石油由来の化学物質で最も我々にとってなじみがあるのは、薬です。

19世紀末に医薬品がコールタールから化学合成して作られるようになると、
瞬く間に石油由来の医薬品が世界中を席巻しました。
しかしながら、コールタールは発ガン物質として世界で最初に証明された物質です。そしてコールタールから人工的にガンを始めて作り出したのは、日本人研究者、山極勝三郎でした。
ただ・・・コールタールの発がん性を立証するためには20年の歳月がかかるそうです。
加えて現在コールタールが原因で発がんしたといわれる方は未だ確認されておりません。コールタールとは石炭由来の生成物で現在は石油由来のアスファルトにシフトしているようです。

そのコールタールが発ガン物質であるのなら、全ての医薬品は発ガン物質であるともいえます。そして今日我々日本人は、放射能まみれの汚染された土地に住み、日々発ガン物質を飲み続け、ガンになるような食生活をしているのです。これでガンにならない方がおかしい・・・とは思いますが・・・・

植物由来のから石油由来の・・・何をを言わんとしているか今は皆様の御想像にお任せいたします。

放射線量補足ですが・・・
白血病をは称した作業員の線量は19ミリシーベルト程度と言われましたが
この量は年間です・・・1日に換算すると・・・0.05ミリシーベルトになります
自然に浴びる線量は1ミリシーベルト程度・・・年間です

輸血・・・これも発がんの原因でしょうね。
これらの問題については後日また改めて伝えていけたらと思います

全ての病の原因は然程多くもなく
全ては思う以上に簡単に治るものと我々は考えています
その部分も併せて少しずつお伝えしていきますね

ではまたです<m(__)m>

尚今回のコラムの一部は
≪歯科医が虫歯を作っている≫の著者 長尾周格氏の記事より
流用させていただきました

彼とのコラボ企画も進行中です
お楽しみに(^_^)v

米澤浩 拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>